HOME > 佐々木塾ブログ > アーカイブ > 受験生応援コラム > 2ページ目

佐々木塾ブログ : 受験生応援コラム 2ページ目

君の心の長雨にも傘が要る!

 うっとうしい梅雨の季節。
降り止まない雨に晴天がひたすら恋しくなってきます。
君の心は晴れていますか?
毎日を元気いっぱいに過ごしていますか?

 もし、君の心がこの長雨のようにうっとうしく沈んでしまっていたら
君は、君の心にきれいな大きくて強い傘を差しましょう。
君の心の傘になるもの、それは大切な友達であり、
そして何よりも君の明日への「希望」です。
生きることへの大きな「希望」こそ最も強く最も美しい君の傘になります。

 空から降る雨は、どうすることもできないけれど、
君の心に降る雨は君の思い次第で青空に変えることもできます。
元気を出して、今日もドーンと全開で行きましょう。

誰にでも必ず壁はあるから

 
 勉強してもなかなか自分の思うように成績が上がらない。
毎日自分なりに努力を続けているのに願うような結果にならない。
そんな経験をみんな持っているはずです。
 進歩や向上というのは右肩上がりに一直線に伸びていくものではありません。
努力を続けているうちに急に成績が上がったり、今までにできなかったことが
急にできるようになります。 
しかし、またそこでそれ以前と同じように努力をしても思うような結果が出ない日々が続きます。
努力を続けていてもぐんぐんすいすいよくなることはまずありません。
 努力を続けることは目の前にある壁を一つずつ乗り越えていくことです。
目の前の壁に向かって、「絶対にこのを乗り越えてやる」
という強い気持ちを持ち続けることです。
 壁をしっかりと乗り越えるためには、焦ってはいけません。
自分に自信を持たなくてはいけません。
 来年も君の前にはが現れます。
君の強い意思で必ず君は君のを乗り越えることができます。
 君は必ずできます。

すべては運では決まらない

 私たちは運が良かったと思える時もあれば、
運が悪かったと思える時もあります。
 試験の時、昨夜勉強していたことが
そっくりそのまま出題され「ラッキー」と思える時もあれば、
反対に「ここはやらなくてもいいか」と思い、
全然勉強していなかったことが出題され「なんて運が悪いんだ」
と落ち込むこともあるかもしれません。

 でも試験の得点はもちろん運だけで決まるものではありません。
試験範囲を完全に勉強して何が出題されても解答できるようにしておけば
運は関係ありません。またそうでなくても、次のように言うこともできます。
試験の出題問題は試験範囲の中でも特に大切なこと
君たちがどうしても学んでおかねばならないことが本来出題されるはずですから
試験範囲の中で、「ここはとても大切なところです」と指摘されたことをしっかり
ノートに記録しておき重点的に勉強しておくことも運とは関係ありません。
 日々の努力なしに運の良い悪いはありません。
 努力に勝る運はない!
 すべては運で決まらないのです。

大切なのは0を1にする力だ!

学び続けて豊かな思考力を養おう
impact一つだけの答えにとらわれない!
 いつでも答えが一つしかないと考えると、可能性は広がらない。
 もしかしたらそうでも名かもしれないと考えるところから
 新しいものが生まれる

impactすでにある答えにとらわれない!
 すべてのことにすでに答えがあるなら、0は1にならない。
 時代の状況二応じてより良い答えが見出されることを信じて
 新しいものは作られる。

impactまわりの答えにとらわれない!
 君自身の考え方思いを大事にしなければ金は何も創造できなない。
 何もない状態の0から新しい何かの1を創造する力を養えば
 君の未来に不安などない。

学ぶことから豊かな想像力は育ちます。
佐々木塾は0を1に出来る生徒を育成します。 

「ありがとう」を忘れていませんか・・・?

 11月23日は勤労感謝の日。
私たちの社会は多くの人の尊い労働によって支えられています。
日々懸命に働く多くの人たちに深い感謝の気持ちを持つのは当然のことです。
 私たちはともすると感謝の気持ちを忘れてしまいがちです。
毎日の生活が満たされていて当たり前のように過ぎていくと、
自分を支えてくれている多くの人たちの努力と勤勉と苦労をつい忘れてしまいます。
 君を育ててくれ両親がただひたすら君の幸せを願い、
君の幸せのために日々懸命に生きていることを君は時々忘れてしまっていませんか?
 「ありがとう」という言葉を君は素直に言えますか?
もし素直に「ありがとう」と言えないならどうか素直に「ありがとう」って言ってください。
「ありがとう」と素直に言える君は必ず幸せになります。
 そういえば私もずいぶん「ありがとう」から遠ざかっているなあ(自戒を込めて)!
「ありがとう」 

キミがココにいる訳(ちょっと悩んだ時に)

うらやましいほどの才能の花を咲かせて活躍している人を見ると、
人は決まってこう言います。
「いいなあ あの人は。天から与えられたものがあって。」

でも「才能」って言葉は、実は意味が違います。
特別な天命を受けた人には、生まれながらに
すでに備わっているものだとよく思われますが、、そうではありません。
 才能の「才」は人間の歳を意味します。

才能の「能」は物事をなす力を意味します。
つまり才能とは、
何才で能力が開花するかということ。

有名なスポーツ選手や芸術家、社会的に実力を認められた人々は
華やかなスポットライトを浴びるずっと以前から
人に知られることなく、どれだけたくさんの努力を積んできたことか。
その流した汗と涙の多さで、
初めて自分の「才能」というものを発見できたんだ。

この世の中に生まれてきた時のスタートラインなんて、皆同じなんだよ。
特別なものをもし持って生まれてきたとしても、それを磨き上げる努力なしに
世の中に認められることなんかできません。

「才能」とは天から与えられたものではなく
自分で見つけるものだと私は思います。

ただ見つかるタイミングには個人差があるでしょう。
もしかしたら十才,二十五才あるいは七十代で発見できるかもしれない。

大切なことは
何才になっても「探そう」という姿勢を持ち、前を向いて
いろんなことに挑戦することをあきらめないことじゃないかな?

「才能」ってね
何才での能力を
発見できるかということ。


だから特別な人が天から与えられたわけじゃなくて
みんなに備わっているものなん。
大切なのは気がつけるかどうかだね。



夏休みを制する!

 
最高の夏休みにするためには自分自身との約束が必要です。

僕は/私は五つの約束を守ることを誓います。

約束1 これまでの学習や生活態度での反省点を見つけます!

約束2 夜寝る前に次の日の計画をしっかり立てます!

約束3 早起きを心がけ、夜更かしをしません!

約束4 遊ぶのは計画していた一日の勉強が終わらせてからにします!

約束5 体調を崩さぬよう暴飲暴食をせず睡眠をたっぷりとります!

君の心にも恵みの雨が降る

 梅雨時は誰でも梅雨明けが待ち遠しくなります。
どんより曇った空、じめじめした空気の中で、
人はこんな雨は早く病んでほしいと願います。
 しかし、一方で、「恵みの雨」という言葉もあります。
水が人のとってどれだけ、大切かを思えば、
梅雨は日本人にとって絶対必要なものです。
 もし、君が梅雨時のこの時期に
「今日の雨は恵みの雨だね!」
なんて誰かに言えたら君はその一言でずいぶん大人になったといえます。
物事には必ず良い面と悪い面の二面があるものです。
それが少しずつ分かることが人として成長していくことだと私は思います。
 雨の朝、通学するのが苦痛になったとき、君は一言こう言ってください。
「めぐみんおあめだんえ」と。
そう言える君の人生にも幸福という恵みの雨を降らせてくれます。

春の思いは生きる力


春の思いで君の胸を希望でいっぱいにしよう

始めよう!
考えているだけでは何も変わらない!
新しいことに勇気をもって挑戦するには
最高の季節がやってきた。

見つめよう! 
友達のこと。家族のこと。
いつも当たり前のように思っている君の周囲の人を
もう一度優しい心で見つめよう!

志そう!
あこがれる心は君の大切な宝物!
君の未来は君が強く願い続けることだで
少しづつ春の花々のように花開く!

探そう!
君の人生は一つの大きな冒険である。
君の地図のない旅は、君が、豊かな心で
大切なものを探し続ける旅だ!

佐々木塾は今年も君たちの希望に満ちた春の思いを
全力で受け止めていきます。

2016年三ツ星塾

がんばれ
日本の三ツ星塾

この国には塾がある
悲しいことには
お金が欲しくて
ただそれだけの理由で
塾を始めた大人もいる
しかし嬉しいことには
子供が好きで好きで
ただそれだけの理由で
塾を始めたおとなもいる

小さな教室の
 小さな椅子に座り
子供たちは真剣な眼差しで
今日も夜遅くまで学んでいる

そしてそこにはいつでも
限りなく優しく時には厳しく
子供たちを見守り続ける
大人がいる

子供たちは大人の姿を見て育っていく
だから・・・・私たちが「がんばれ」と
心から応援したい塾はこの国にそう多くはない
子供たちの未来のために 持てるすべての情熱を燃やし
子供たちの夢と希望のために 子供たちとともに
日々一歩一歩歩み続けてくれる
 
この国にはそんな三ツ星塾も確かにある。
  
佐々木塾は今年も
三ツ星塾選定委員会(教育情報研究会)より
三ツ星の称号をいただきました。
この名前に恥じぬ塾を今年も運営していく所存です。
ありがとうございました。

<<前のページへ1234

« 新着情報 | メインページ | アーカイブ | 秘伝!合格術 »

無料体験授業 まずは、是非一度無料体験にお越しください。
042-572-9819
メールでのお問い合わせはこちら