HOME > 佐々木塾ブログ > アーカイブ > 受験生応援コラム

佐々木塾ブログ : 受験生応援コラム

うまくいかないときに

 ちょっと悩んでしまったときに読んでほしいな・・・。

この国を作ってくれた人たちの汗のおかげで、ボク達はたくさんのチャンスに恵まれています。
その比較は、貧困にあえいでいる国々の人たちには想像もつかないでしょう。

仕事一つにしてみても、実にたくさんの職業があります。
努力次第でどんな仕事にも就くことができるでしょ?
そして、夢を叶えるための環境も自分で作ることができます。
努力次第で、有意義な人生を自分の手で作ることが出来るなんて、なんてステキなことでしょう。

目指す夢が山の頂点とするなら,ボク達はそれを目指して登って行きます。
でも、,決してラクな道ではありません。
時には、崖伝いに危険を承知で進んだり、道が分からなくなってしまったり、
怪我をして歩行が困難になってしまったり、あるいは、
天候が急変して後戻りしなくてはいけなくなるかも知れません。

がんばってがんばって、何回もチャレンジする。
それでも登りきれない時があります。
あきらめずにやり遂げるまで続けることはとても大切だけど、
一ついっておきたいことは
「それだけが人生ではないんだよ」ということです。

キミができることは他にもいっぱいあるかも知れない。
キミを必要としている世界が、もっとほかにもきっとあると思うのです。

この国はどんなことにもチャレンジできる、良い国です。
努力と勇気を持つ者は敬意を表しいつでもどんな人の挑戦も歓迎してくれます。

「納得いくまでがんばぬいた」
でもけっかがでなかったとしても、それは一つのことを成し得たということに何ら変わりはありません。
誇りを持ち、、別の山登りで、立派に夢を叶える資格がキミにあることを、知っておいてもらいたいな。

 キミにはどんな方向にも進めるチャンスがじつは約束されている!

ホームページをリニューアルしました。

今後とも、佐々木塾をどうぞよろしくお願いいたします。

「慈雨」という言葉を知っていますか

 六月は梅雨の季節。どんよりと曇った空やしとしとと降り続く雨にうんざりする気持ちは誰にでもあるでしょう。

 私の好きな言葉の一つに「慈雨」があります。「慈」とは慈(いつく)しむこと=愛すること、大切にすることの意味です。穀物を育てるために必要な雨が優しく降り続く六月。私たちも人を愛し人を大切にする気持ちをもっともっと育てなくてはなりません。

 今、学校で裏サイトと呼ばれているインターネットのサイトにみられる心ない中傷の言葉には、「慈」の人間らしい思いなど全く感じられません。

 人を傷つけることは、自分を傷つけることと同じです。人の痛みや悲しみが感じられない人間は決して幸福にはなれません。

六月の慈雨は恵みの雨です。君の心にも恵みの雨になります


誰でも人に負けることはある。でも...

自分に負けてはいけない。

新しい学校、新しいクラス、君たちのこれまでの環境が大きく変化する四月です。四月はまさに大きな期待と、大きな不安の季節といえるでしょう。四月に大きな悩みを抱え込んで落ち込む人が残念ながら毎年のようにいます。わたしもたくさんのこの時期の悩みを聞いてきました。


わたしに一つだけ言えることは、もし君に嫌いな人や嫌いなものがっても、その人やそのものを君が返ることはできないということです。大事なのは どんな人どんなものに対しても君が君らしくあり続けることです。君が向かい合うのは君自身です。



君の大きな夢や希望のために君が君自信に負けないことが大切です。君の人生は君だけが生きられるのです。長い冬が去り待ちに待った春です。笑顔、笑顔で行きましょう。

キミが変わらなければキミの世界は変わらない!

 どうしてうまくいかないのだろう?!
人なら必ずそんな気持ちのなるときがあります。むしろ、自分の思うような結果になることのほうがずっと少ないのが人生です。

大切なのはその時うまくいかないことの理由をキミがどこに見出しているかということです。あいつのせいだ!先生のせいだ!親のせいだ!こんな世の中のせいだ!!.キミはキミの思うようにならない理由をそんなふうに自分以外のものに求めていませんか?

確かに君の望むような完璧な人間も完璧な世の中も存在していない。それは事実でしょう。でも、完璧でないものに不平を言いそれを憎むだけの日々からキミの未来な生まれて来るのでしょうか?キミがキミの足で一歩一歩前を向いて懸命に歩き出さなければ、キミがキミ自身のかけがいのない人生を生きることにはならない。私はそう思います。

人には冬しか学べないことがある。

学んで生きていつの日か君は君の夢をつかむ。

 師走。今年も長くてつらい季節がやってきました。でも私の友人には四季のうちで冬が一番好きだという人がいます。冬のキリリとした冷たさが身も心もひきしめてくれるからだそうです。春・夏・秋・冬人生がいつも春のように穏やかであってくれたらと思う人はたくさんいるでしょう。

 一年が自分の好きな季節だけだったら、とても快適かもしれません。人が冬にしか学べないこと。それは絶えて待つことの大切さではないでしょうか?長く辛い冬があってこそ春がやってくることの喜びが何倍にも大きくなるように。受験生諸君、もし君たちの受験勉強の日々が冬であったなら、冬が長く辛いものであればあるほど、目標を達成する春の訪れは君たちにさらに大きな喜びを与えてくれるでしょう。

 君の冬の先にあるものは君の春である。それだけは間違いない!


2017年の総決算!!

しみじみしっかりふりかえるこの一年

初めに目標を建てましたか?
今年の君の目標はどのようなものでしたか?

先延ばしにしていませんでしたか?
今日できることを明日にしようと思いませんでしたか?


人のせいにしてませんでしたか?
”うまくいかないのは”自分のせいではない!”と思っていませんでしたか?

自分に嘘をつきませんでしたか?
自分では本当は間違っていると思うことをしていませんでしたか?

当塾では今年の大反省会を実施中です。君も仲間に入りませんか?

地図のない旅に出よう!

君の才能を君自身が見つけるたびが今始まる。


どんなに成功したいる人でも
その才能は生まれて来た時に 既に備わっていたものではない。
 
「才能」の才は、人の歳を意味し
能は物事を成功させる力のことだから
才能は何才になっても開花させることができる

有名なスポーツ選手や社会的に大きな成功を実現した人たちは
人知れず途方もない努力を積み上げて
自分の才能を見つけて大きな花を咲かせた

誰にでも全く同じスタートラインがあるわけではないけど
誰にでも自分の才能を見つけるためのスタートラインは
いつでも必ず用意されている

豊かな国に生まれた人にも貧しい国に生まれた人にも
恵まれた環境の中で生まれた人にもそうでない人にも
同じようにスタートの季節はやってくる

何よりも大切なことは君が本当にやってみたいこと
そのことのためならどんなに苦労してもいいと思えること
それが何かを君自身繰り返し問い続けることだ

地図のない旅とは
自分の心の声に素直に耳を傾ける
君のこれからのすべての日々で続けられる心の旅だ

成績が上がる喜びを実感しよう

 成績が上がればだれでもうれしいでしょう。
憧れの学校に合格するために少しでも近づいたからうれしいのかもしれないし、
単純に両親に誉められることでうれしいのかもしれません。
 
でも、成績が上がる喜びというのは
実は君だけが知っている理由によってもたらされるのだと私は思います。
つまり、君が君の成績を上げるためにこれまで続けてきたこと、
その努力の結晶を実感できたことこそ君にとって、最高の喜びなのです。
カンニングしてテストでよい点数を取っても、
その点数には君の努力は一切含まれていませんので、
そんなものは本当の喜びには絶対なりません。
成績が上がることの本当の喜びをどうか君にも強く実感してほしいと思います。

 でも、その喜びは君が頑張ってきたこと
君の努力の先にしかないものであることも
どうか分かって下さい。

努力を重ねて得られるものこそ喜びなのだ!

学びの秋です!
学んで、学んで
君の秋の実りを収穫しよう!!

君の心の長雨にも傘が要る!

 うっとうしい梅雨の季節。
降り止まない雨に晴天がひたすら恋しくなってきます。
君の心は晴れていますか?
毎日を元気いっぱいに過ごしていますか?

 もし、君の心がこの長雨のようにうっとうしく沈んでしまっていたら
君は、君の心にきれいな大きくて強い傘を差しましょう。
君の心の傘になるもの、それは大切な友達であり、
そして何よりも君の明日への「希望」です。
生きることへの大きな「希望」こそ最も強く最も美しい君の傘になります。

 空から降る雨は、どうすることもできないけれど、
君の心に降る雨は君の思い次第で青空に変えることもできます。
元気を出して、今日もドーンと全開で行きましょう。

1234

« 新着情報 | メインページ | アーカイブ | 秘伝!合格術 »

無料体験授業 まずは、是非一度無料体験にお越しください。
042-572-9819
メールでのお問い合わせはこちら